はじめての家庭教師バイト!でも、まわりはだれも助けてくれず・・・

はじめての家庭教師バイト!でも、まわりはだれも助けてくれず・・・

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
21歳

【当時の職業】
中高生の文系科目、バイト

【当時の住まい】
大学の寮に一人暮らし

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
家庭教師は短時間で稼げると聞いたため、割の良いバイトを差異がしていたこともあって、バイトに応募した。

【環境と仕事内容】
中高生の文系科目を中心に教えていたが、人が足りない場合は数学や理科なども教えることがあった。
基本的に週2日だったが、その過程の予定に合わせなくてはならず、思ったよりは時間の融通が利かないことがあった。
授業の準備については、とくにテキスト等の提供はなく、自分で用意しなければならなかった。
生徒はおとなしい方だったため、とくにトラブルはなかった。

【大変だった時期】
大学生として家庭教師のバイトをしていた。
2年目以降が特に大変だった。




【大変だったこと】
授業準備の時間は給料が出ないこと。
授業そのものよりも授業準備にかかる時間の方がかなり多かったため、結局時給換算すると割の良いバイトではなかった。
授業に使う教材を自分で探してコピーなどをしなくてはならなかったこと。
大学生のバイトでプロではないのに、生徒の実力に合わせたテキストを自分で選び、準備しなくてはならなかった。
バイトに入った時には社員からのアドバイスがあるという話だったが、とくにそのようなことはなく、すべて自分の判断で準備を行わなくてはならなかった。
プライベートの時間にも家庭からの連絡に対応しなくてはならないこと。
遊んでいる最中でも授業中でも日程変更などの電話が直接かかってくるため、対応しなくてはならなかった。
もちろんその時間も無給であった。

【大変だった期間】
3年程度続いた




【当時の心境】
給料が割に合わないので、やる気がどんどんなくなっていった。
家庭に向かうまでの気分が重く、家を出発する時間が遅くなり、ぎりぎりに到着することも多くなった。
とはいえ、教えていた生徒は成績が上がり、具体的に点数に現れてくるとやりがいを感じた。

【職場が大変だった原因】
仕事のやり方がマニュアル化されていなかったせいで、個々人でやり方を模索しなくてはならず、効率的でなかったのが原因だと感じる。




【仕事で良かったこと】
生徒や親御さんから成績が上がったことを報告してもらったり、感謝の言葉をいただいたときにやりがいを感じた。
親御さんにはきにかけていただいており、傘を貸していただいたりすることもあった。
一人暮らしを始めたばかりだったので、気にかけてもらえてうれしかった。




【特にひどかった最悪の出来事】
前日の夜に翌日の授業を急に入れられたこと。
授業準備には時間がかかり、担当の先生とも連絡を取る時間がなかったので、かなり手探りでの準備になった。
そのため、あまり質の良い授業を提供することができず、生徒や親御さんの雰囲気が微妙になっていった。
自分としても不本意な仕事だったので、やる気もそれほどなく、誰も得しない時間になってしまった。
また、後日担当の先生から注意を受けた。
自分なりに短い時間で授業準備をして頑張ったつもりだったので、文句を言われる筋合いはないと思い、かなり腹が立った。
社員もフォローをしてくれず、次からは急な授業の依頼には絶対こたえないようにしようと思った。
せめて、担当の先生や社員から引き継ぎがあればあのようにはならなかったと思う。


【相談した人・助けてくれた人】
相談や頼れる人はいなかった。
というのも、社員は仕事をあっせんするのみで特に授業内容については把握しておらず、ただ営業をして契約を解てくるだけだったため。
また、同僚も自分の受け持ちの生徒以外には関心がなく、殺伐とした雰囲気だったため。

【改善のための行動】
自分の担当の生徒をほかの先生に診てもらう場合には、授業準備を先にしておき引継ぎをきちんと行うようにしていた。
ただ、根本原因は社員との連携が取れない点にあると思うので、きちんと状況を好転させることはできなかった。




【現在の状況と心境の変化】
家庭教師のバイトをやめて5年たった。
現在は家庭教師とは全く異なる職業で働いているが、人に物事を教える機会は多いため、ときおりこのバイトでの経験が生かされることがある。
現在は当時よりは仕事が大変だとは感じておらず、平穏に暮らしている。
まわりのサポートがあるのとないのでは、どんな仕事でもやりやすさにかなり差が出てくるものだと感じた。

【学んだこと】
初めてのバイトなのに誰も教えてくれない状況だったため、自分から質問を積極的にすることを学んだ。
また、バイトを始める際に仕事内容をきちんと聞いておくことが重要だと感じた。



【当時の自分へのアドバイス】
自分ができないことははっきりとNOと言っておくこと。
所詮はバイトなので、気負わずに生徒と楽しく時間を過ごして勉強してもらうことを優先した方がよい。
社員は思った以上に頼りにならないので、仲の良い同僚を早めに作っておくこと。
授業準備の際は、多めに教材を用意しておくこと。
保護者の方ときちんと直接話をすること。