家庭教師バイトをして初めて受けもった担当が、障害のある中学生だった、

家庭教師バイトをして初めて受けもった担当が、障害のある中学生だった、

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
20歳

【当時の職業】
学生 家庭教師バイト

【当時の住まい】
マンション、一人暮らし、仕送りあり。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
家庭教師には興味があったから。
時給が良かったのと、楽そう。
自分も公務員試験の勉強しながら教えられたら効率いいと思ってました。

【環境と仕事内容】
障害のある小学生の担当。
基本的には楽しく学習するようなスタイル。
学校の復習中心で、テストの点数よりも、学校の授業の理解ができるレベルを求められていました。
精神的に障害のある子なので、興味のあるものを話題にしながら勉強してもらうのでもやっと。
親からはテストの点数を伸ばして欲しいと希望あったけど、到底そこまでを短期間で出来ることは期待出来なかった。

【大変だった時期】
大学生として家庭教師のバイトを。
最初から。




【大変だったこと】
障害のある子への接し方。
親からはいくつか注意点やこうするといいというアドバイスをもらっていた。
親からはテストの点数をあげて欲しいと言われていたけど、そもそも勉強を始めるのまでが一苦労。
家庭教師の授業1回分の時間が決められているけど、その時間内にやる気を出して、しっかり学習を進められるかどうかは、その子のその時の気分次第。
あの手この手で興味を引いて、勉強と絡めていったりという工夫が大変だった。
お金が無い家庭で親の帰りが遅く、大変そうだったので、気を使って親が帰ってくるまで一緒におしゃべりしたりする時間もあった。
楽しかったが、テストの点数を上げるという親の希望に対して叶えようとすればするほど子供からは嫌がられるので正直しんどかった。

【大変だった期間】
初めから最後まで。
最後は子供に嫌われて終わった。




【当時の心境】
いい子だったので、行くのは楽しみだった。
お喋りは楽しいし、可愛いなぁと思いながら和やかに過ごせるのは良かった。
ただ、どうしても大変そうな家庭だったので、どうしても心配とか気を使ったりして気持ちが疲れる様な感じがあった。

【職場が大変だった原因】
最初の担当がヘビー過ぎた。
普通の家庭教師のつもりでいたら障害のある子で、前任者はプロの方だったようだけど、上手くいかなかったそう。




【仕事で良かったこと】
子供とお話するのが楽しかった。
学校であったことや、好きなアニメの話など、楽しそうに聞かせてくれるのは嬉しかった。
嫌いな勉強も、お話しながら少しずつでも手をつけてくれたときは嬉しかった。
親からも扱い方が上手だねと言ってもらえた時はやってみて良かったと思った。




【特にひどかった最悪の出来事】
テスト前になって、親からはテストで何点以上取らせたい、家庭教師の会社からは進捗が遅いと言われて焦りを感じたとき、今までは前任者が外されたのと同じことはしないように、子供に勉強を一方的に強いるようなやり方はしないよう気をつけていたけど、少し強めに話さないと勉強が進まないので、嫌だけどやらなきゃいけないと思ったとき。
お喋りは今日は何分まで、何時から英語をやろう、何時まで休憩して、何時から算数をやろう、とカッチリしてみると、子供は明らかにパニックを起こしそうな感じが見えました。
そんな感じで様子を見ながら少しずつ勉強を進めようと思ったのですが、案の定、突然次回がなしになり、子供から会いたくないと言われてしまった。
今まで築いてきた関係が仕事のことを考えたら上手くいかなくなったのは残念でした。




【相談した人・助けてくれた人】
家庭教師の会社の人には相談していました。
ただ、カリキュラムをしっかりやるのが仕事なので、上手くいかなかったです。
別の人と交代するとか、アドバイスをくれるとかも特になく、しょうがないけど、仕事をするようにと。

【改善のための行動】
お母様に相談していました。
子供の扱い方に関して、どういう風にするのがいいのか、また、毎回フィードバックをもらって反省点を直すようにしていました。
子供が今興味を持っているアニメが何かとか、学校行事の話を教えて貰ってました。




【現在の状況と心境の変化】
6年くらいたった。
今は卒業して全く違う職業で就職しています。
その時のことは、自分が今子育てするときなど、子供と接するときに意識して、同じ間違いをしないようにしたいと思っています。
障害のある子は沢山いるし、種類も違うと思うけど、私が担当した子のような障害のパターンにも今後出会うかもしれないと思っています。

【学んだこと】
やるべき事は大事だけど、それが上手くできないときは、説得してゴールを変えてもらうよう相談できたかもしれないと思った。
もっと長期的に見てテストの点を上げるとか。



【当時の自分へのアドバイス】
1ヶ月でテストの点数を意識させるのは難しいので、親や会社の人に、来年の成績を今年より上げるとか、長期的に見てもらえるよう相談しても良かったかもしれない。
少なくとも、勉強を通して接しているのは私なので、私の意見を聞いてもらうのも大だと思う。
親が子供に無理な期待をしているのであれば可哀想なことなので、しっかりお話できた方がいい。